作詞してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか長雨に打たれながら
何処かへ飛び出したっけ
強くなければいられないって
背を向けてよくも言えたもんだ

人としてのプライドだとか
矜持の少しも無くちゃだとか
言い分もわかっているけど
少し悲しい

生き抜いてくれ
確かなものが鼓動一つになったとしても
帰る場所がわからないなら
いつでもここに戻っておいで

頼ってたものさえ不確かで
自分も定まらないな
継ぎ接ぎの補強した心が
今も壊れそうにないていた

泥の中を這ってまでも
石を投げられたりしてでも
そこに在る事を願うのは
酷な事か

生き抜いてくれ
信じたくても唯一つさえ難しくって
何もかもがもう嘘というなら
何も言わずに抱いてあげよう

問い質す生まれた意味
ろくに愛も知らないまま
今更誰もわからないな
どうせ誰にも知られないな
愛され方を知らなくても
それでも生きて欲しいんだ

生き抜いてくれ
こんな言葉じゃ増して嘘くさく感じるのだろう
それでいいから生き抜いてくれ
その命は嘘ではないよ

生き抜いてくれ
確かなものが鼓動一つになったとしても
それでいいから生き抜いてくれ
その命は嘘ではないよ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

【2017/01/11 20:09】 |
トラックバック(0) |
芯まで冷える雨にうたれて
なかなか僕もタフだよな

真偽わからず敢えて黙って
振り切りたくて目をそらした

今までの全てが泡(あぶく)でも
証を残さずいられない
存在どうせ疎まれても
生きてる僕を認めてくれ

茹だる景色は泣いた世界と
苦しいくらいダブるよな

信心深く祈ったところで
陰で僕らをただ笑った

悲しい気持ちさえ嘘だって
どうして自身も否定する
悔恨の姿が浅ましい
汚い僕を見ないでくれ

今までの全て作り物で
中身が無いなと笑われて
それでも感情は本物だ
もういい 僕を忘れてくれ

FC2blog テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

【2017/01/11 20:02】 |
トラックバック(0) |
白い光と冷たい空気
世界に見捨てられたみたいだ
なおざりにされた感情を
まだ忘れずにいたんだね

悲しくないように抱きしめてあげよう
目をそらさないでほしいんだ
名前以外で君を表す
確かな術も持たないから

同じく産まれて人に愛されず
震えながら生きてたけど
泣いてみせてよ笑ってみせてよ
捨てるくらいなら全部くれ


慌ただしく景色は巡り
手を伸ばすのも止めてしまった
おざなりに返した言葉で
誰かがいつも宙ぶらりん

信じてないのを責められないのは
今まで気付けず過ごしたから
一つ一つがどうせ嘘なんだ
愛しているのも嘘だった

義務に負われて揃えたところで
優越感に浸れたけど
声をなくしてやっとわかったよ
何一つわからないことに


悲しくないように抱きしめてあげよう
目をそらさないでほしいんだ
痛い 悲しい そういったものに
確かじゃなくても触れるから

同じく産まれて人に愛されず
震えながら生きてたけど
卑しい感情に支配されるなら
否定する前に全部くれ

FC2blog テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

【2016/06/24 12:50】 |
トラックバック(0) |
君を思う夜を幾度越え
愛してると伝えたいのに

突然の嘘に振り回され
愛してると言えなかった

上手く泣けないでまだ鬱いでいる
硝子に遮られ熱もわからずに泣く
暗くなる視界また一人になる
軋んだ心のわけもわからずに泣く



約束と言えば聞こえは良く
心まで縛りたいだけ

肉に突き刺さり苛まれる
痛いのに此処にいたい

気まぐれの中でそれただ一つ
悠久の彼方 変わることなく貫く
無音の空間それただ一つ
揺らがない心 ずっと生きる糧になる


未来 希望 光 夢見て
妬み 嘆き 怒りを知った
絶望混じる他人の声
視線合わず黄昏ていく


拐われた日々を諦めきれず
傷付く体に鞭を打てど走り出す
伝えそびれてはずっと悔やんでいた
そして世界から必ず君を連れ出す

【2015/08/23 08:23】 |
トラックバック(0) |
「ねぇ教えてよ」心の中で叫ぶ
忘れかけた生まれた意味と熱情
それでも幾度立ち上がる
折れるわけにいかないよ

どうして孤独だと思ったの?
護りたいものがあるんでしょ
愛してるひとがいるんでしょ
生きることにすがりつくくらい

君は戦いの浪へと呑まれていく
やっと顔を上げたんだ 居場所は此所にあると
無くしたくないって思えたんだ
これが感情って言うんなら
もっともっと生きていたい
狙いを定めるんだ rock on




もうずいぶんと一人でいた気がする
いっそ自分からリタイアしたくなるほど
君と出会って変わる世界
大丈夫だ 笑えるよ

失う恐怖を知ってる?
護りたいものがあるんでしょ
愛してるひとがいるんでしょ
生きることにすがりつくくらい

君が隠れて泣いていたんだとしても
もう誰一人欠けない 僕らは弱くないよ
それでも窮地が訪れるなら
君の背中を信じてる
だから僕らを信じていて
未来まで繋げるんだ rock on



君は誰よりも強いつもりだったんだ
全部一人きりで抱え込んでしまおうと
思うなんてそんなの狡いよね
もうどんなことだって独り占めさせないよ
悲しみも苦しみも……


君は戦いの浪へと呑まれていく
やっと顔を上げたんだ 居場所は此所にあると
無くしたくないって思えたんだ
これが感情って言うんなら
もっともっと生きていたい
その手で掴みとるんだ rock on

【2015/07/09 21:52】 |
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。